2014年05月06日

旭座が 最後の舞台 栄三郎


旭座が 最後の舞台 栄三郎
尾上栄三郎は江戸末期の歌舞伎役者である。地方廻りの途中、病気のために浦川の名医見龍の治療を受けた。
病状は一時もち直すが治る見込みはない。栄三郎は死を覚悟して自らすすんで舞台に立ち、名演技を見せるが・・・。
※さくま昔ばなしP210 栄三郎物語
posted by もり at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさとカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

浦川「大下滝の霊水」

浦川の「大下滝の霊水」
IMG_1355.JPG

滝の説明の看板。
IMG_1345.JPG
看板に書かれていたこと。
「数千年、その昔より滔々として流れ落ち続ける雄大で神秘的な瀧、その水面を激しく叩く音と、四季折々を告げる鳥の声だけが聞こえてくる此の瀧は、昔から蛇瀧ともよばれたと云い伝えられている。
この辺の岩盤の一角より湧き出る水を欲しさに2米もあったという大きな蛇が出没して飲んでいたという。その頃の名が大蛇の瀧か、現名の大下瀧であったのかは知る人もなく不明である。只、人の性(大下)で呼ぶ瀧は、日本ではこの瀧だけだと云われている。そのきれいな瀧の水は勿論、大蛇の愛飲した岩盤から湧き出る水も、四季を通し晴雨寒暖関係なく、今も流れ出ています。その湧水が、今見直され多くの皆様に親しまれ喜ばれております。現代文化の発展は、広く生活の利便と人智の向上に役立って参りましたが、一方では地上を汚染し、人々の心身を疲労させ、その苦痛は年々激しさを増しています。
新鮮な空気と、この湧き出る霊水こそ、健康な心身を取り戻し、しあわせな、そして長寿を保ち、真実の人生と家庭を味合っていただけると思います。ここに瀧の名と由来、そして霊水をご披露申し上げます。
浦川出馬 せせらぎ荘」

看板を読んでみても、
瀧の名前の由来は出てこないのだけど、
瀧の凄さはなんとなく伝わってくる。

一人で行ったら、
ちょっと怖かった。

昔の人がこのような瀧に、
人知を超えたものを感じたとしても、
なんら不思議ではないなと思った。

場所はこちら。


より大きな地図で 佐久間の紹介地図 を表示
posted by もり at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間 名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

佐久間の林業など県文化財に

県教育委員会は、県文化財保護審議会の答申通り、「佐久間の林業と山村生活の用具」を県指定文化財(有形民俗文化財)に指定した。
ということです。

佐久間の林業など県文化財に 多様な農具や用具、唯一残存 静岡 - MSN産経ニュース

しかし、
「佐久間の林業と山村生活の用具」が保存されている旧さくま郷土遺産保存館、
というのは、
既に閉鎖されているのですけどね。

浜松市/浜松市博物館/浜松市博物館

今後は、
この文化財をどこで見ることができるのでしょう?

posted by もり at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

原田橋付近で大型車が転落

昨日、
原田橋の近くで大型車が転落して、
男性が一人死亡したということ。

大型車が転落 男性死亡 - NHK静岡県のニュース

昨日は、
ドクターヘリや報道関係のヘリが、何度も飛んできて、
救急車、パトカー、消防車などのサイレンが、
頻繁に鳴り響き、
いつもは静かな街が、大変な騒ぎだった。

それにしても、
原田橋は、8トン以上の車が通れないことになっていて、事故現場あたりは、大型車が進入できないはずだと思うのだけど、
なんであんなところで落ちたのだろうか。



posted by もり at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

天竜区佐久間で「あゆの引っ掛け」解禁

浜松市天竜区佐久間町の相川や大千瀬川の一部で、アユ釣りの一つ「引っ掛け」が解禁となった。水中眼鏡とウエットスーツを身に着けた男衆が、日差しも透き通る清流でひたすら魚影を追っている。
ということ。

「アユ、捕れた!」 天竜区佐久間で「引っ掛け」解禁│静岡西部│TNCニュース

おととい川の近くを車で通ったときに、
なんか川に人がいっぱいいるなと思ったけど、
これだったんだな。

posted by もり at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

7月19日 佐久間37度で全国四位

関東を中心に記録的猛暑に見舞われたばかりの日本列島は、18日も西日本や日本海側の地域を中心に朝から気温が上がった。静岡県内の同日午後4時までの最高気温は、浜松市天竜区佐久間で34.7度、川根本町田代で34.6度などを観測している。
ということ。

佐久間で34度超え 静岡県内厳しい暑さ | 静岡新聞

そして本日19日、
佐久間町は37度で全国4位だったようです。

気象庁 | 今日・昨日の全国観測値ランキング

ちなみに我が家の家の中の温度計は33度でした。






posted by もり at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

原田橋通行可能に

国道473号の原田橋(浜松市天竜区佐久間町中部地区)においては、全面通行止を行ってまいりましたが、点検・補修及び安全確保の監視機器設置が完了しましたので、通行止めを解除し、6月25日(月)の正午から供用を開始しました。
なお、通行車両・方法を制限の上で、24時間の通行が可能です。

ということ。

浜松市/国道473号原田橋の供用開始について

これですべての問題が解決したわけではないと思うけど、
ひとまず通れるということは、
良かったなと思う。

posted by もり at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

「原田橋」どうなる 梅雨へ募る不安

佐久間ダムの放流や降雨で天竜川が増水した場合通行止めとなる、国道473号原田橋(浜松市天竜区佐久間町)の緊急用通路。梅雨期を目前に控え、地元住民の不安が強まっている。
ということ。

「原田橋」どうなる 梅雨へ募る不安 浜松佐久間 | 静岡新聞

仮説道路、私も通ったことありますが、
路面がでこぼこで怖かったです。

一度通っただけで、
車が砂ぼこりでかなり汚れるし。

6月20日ころには、今後の方針が示されるようですが、
原田橋を修理して通れるようにするという噂も聞きます。

私としては、浦川方面に住んでいる同僚などから、
「大雨が降って出勤できなくなったら、頼むね」
と、言われるので、
休みの日でも毎日の天気が気になったりします。

早く何とかして欲しいなと思います。


6月1日に放送された原田橋のニュース。


posted by もり at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 佐久間 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

佐久間町で観測史上最低の気温

日本列島は3日朝、猛烈な冷え込みに見舞われた。静岡県内では浜松市天竜区佐久間で観測史上最低の氷点下8.1度(午前6時45分)を記録したほか、川根本町と松崎町で2月の観測史上最低の冷え込みとなった。県内の主要観測地点18カ所すべてで、この冬最も低い気温となった。
ということ。

佐久間で観測史上最低 静岡県内全域冷え込む | 静岡新聞

確かに、
観測史上最低というのが納得のいく寒さでした。

ラベル:佐久間
posted by もり at 06:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 佐久間のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。