2010年09月17日

佐久間のNPOタクシー 3年連続赤字

浜松市天竜区佐久間町で過疎地有償運送として運行されている“NPOタクシー”が、2007年8月の運行開始以降、3年連続で赤字が続き、採算面や運転手不足などの課題に直面している。運行を行うNPO法人「がんばらまいか佐久間」は、運賃などの料金改定を行って9月から新料金制度を開始。赤字額を減らすことで、利用者が年々増加するなど住民の足として定着しつつあるタクシーの安定運営につなげたい考えだ。
というニュース。

http://www.shizushin.com/news/local/west/20100915000000000057.htm

このタクシーがなくなったら、
病院にこられなくなる人も多いと思う。


ラベル:佐久間
posted by もり at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐久間 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。